読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現場の様子をお伝えします

ハロオタに伝えなければならないことを伝えたいと思います。最初はライフハック的な記事も雑多にありましたが、現在は非公開状態でオタクごとに特化したブログに変更しました。

ハロプロバスツアーメモ

 6/25~6/26の間、ハロープロジェクトファンクラブ会員限定のバスツアーイベントに行ってきました。
 バスツアーなんて生まれて初めてだったので持ち物もろくにわからず、ぎりぎりまで準備を放ったらかしにしてしまったので、次回以降のための備忘録として残しておきます。誰かの参考になれば幸いです。はぎすず バスツアーとかカントリー バスツアーとかで検索しまくったので……

レポ本編はこちら

類似のメモとしてディナーショーメモもあります。
yutoreet.hatenablog.com



準備するもの(◎必須、・必要があれば)

基本
◎携帯
◎充電器
◎お金(今回グッズ購入はカードOK)
◎保険証(もしもの時に)
◎ペン(公式でも案内あり。車内でアンケートなど記入する必要があるため)
・メモ(公式の案内で必須だったがなくても良いかも?携帯のメモ機能もあるし)
◎着替え
◎化粧品類
◎雨具
・防寒具(長野は寒かった……季節・行き先に応じて羽織り物やカイロは必須)
・酔い止め
・制汗剤
・汗拭きシート
・消臭剤

バス関係
マイクロファイバータオル(バスの窓に貼るにはダブルクリップ+吸盤派が主流)
・車内鑑賞用DVD・CD(添乗員さん曰く最近は持ってくる人が少ないとのこと)

ライブ関係
・オタT
サイリウム
・タオル

ホテル関係
・シャンプー、洗顔料など宿泊先にないもの(宿泊先の備品は案内に記載あり)
たこ足コンセント(コンセント争奪戦を防ぐ。案外持ってくる人が少ない)

 公式での案内では荷物は少なめに、とあったのでキャリーケースは少ないだろうと思っていましたが、遠征ではない人も含め殆どキャリーケースでした。
(遠征で二泊三日分だからOKと必死で言い訳しながら詰めていた罪悪感……)
 ただ、海外用のようなサイズは見かけなかったです。

バスツアー簡単な流れ(今回の場合)

申込時に集合時間や解散時間がわからず悩む場合もあると思うので参考までにどうぞ。

1日目

9:10 東京駅八重洲口鍛治橋(かじばし)駐車場集合
  *東京駅八重洲口を出て向かって右に歩いて最初の交差点を渡ったところ。
   八重洲南口が一番近いです。
  *万が一遅れてしまう場合は焦らず緊急連絡先に連絡すべし。

  座席は指定。バスに座席表が貼られていました。

9:30 バス出発

11:00ごろ SA到着。1時間ほど休憩。

14:00ごろ ホテル到着。メンバーから点呼→3ショット撮影→グッズ販売

16:30 夕食(ライブがあるので早い!)

19:00ごろ ライブ(1時間程度)

22:00ごろ トークイベント(晴天時はほしぞらナイトツアーを予定、1時間半ほど)
    サプライズでお見送り&プレゼント手渡し。
   (時間遅かったので最近恒例の電話サプライズはなし)

2日目

6:15 自由参加イベント(やじジョギング、なかさんぽ)

7:30~8:45 朝食

“しましま”勝つのは℃っち?
カレー作り

閉会式+握手会(前後にグッズ販売あり。残り少なかったコレクション生写真(通販なし)は閉会式前で完売。欲しいグッズは1日目での購入推奨。)

20:30 東京駅着(事故渋滞のため一般道を使用したバス)
22:00 東京駅着(高速を走り続けたバス)
  *公式案内では21:30到着予定。バスによってバラつきがあったのはちょっと残念

一人参加について

 一人参加が大半でした。5~6名の見知らぬヲタと同室になってしまうことで躊躇される方も多いかと思いますが、よっぽどお互いが人見知りしない限りは大体打ち解けられると思います。

参加に迷ったら

 行かずに後悔するくらいなら行くべし!だと強く思います。最悪の場合はキャンセルもできるのでまずは申し込みだけでも絶対した方がいいと思います。
 強いていうならば、中高生のようなメンバーよりは、ある程度年齢の落ち着いたメンバーの方が自由がきいて良いんじゃないかな、と思います。夜遅くても気兼ねなく活動できる、メンバーによってはお酒で乾杯できたりしますし。
 初めてのバスツアーだったので、他のメンバーのバスツアーについてはわかりませんが、しましまバスツアーはかなり満足度が高かったです。次はダイビングでも行きます!!!