読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現場の様子をお伝えします

ハロオタに伝えなければならないことを伝えたいと思います。最初はライフハック的な記事も雑多にありましたが、現在は非公開状態でオタクごとに特化したブログに変更しました。

ハロプロディナーショーメモ

ディナーショーといえば気になるのが、ネット的には食事ですが、参加者として困るのが服装!
というわけで、ハロプロディナーショーめも。皆様のお役に立ちますように。
基本はカジュアルディナーショーと同じなので、こちらもご参照ください。

yutoreet.hatenablog.com



荷物

ライブハウスではコインロッカーとかクロークで有料ですが、ディナーショーはホテルでやるだけあって無料で預かってもらえます。もちろん上着も。ありがたい。

着替え

今回参戦した新潟のホテルでは更衣室がありました。

服装

男性はスーツ。今回は前日に富山でナルチカ(ライブハウスツアー)があったこともあり、スーツを持って会場の更衣室で着替える方もちらほら。ネクタイやチーフで推し色を出す感じでした。
(個人的に気になったのが埃(取れにくい細かい白い糸くず的なやつ)や汚れ(砂埃?)がついたスーツを着ている人が年齢問わず四人くらいいたことです。若いならまだしも……)

女性はほぼみなさんワンピース。スーツは見かけませんでした。
髪型はほぼみなさんアレンジされている感じ。ロングでただおろしているというだけの人は少数派でした。
バッグは女性は小さめのカバン(合皮みたいな、ちょっとかっちり目なやつ)から結婚式のお呼ばれカバンまでわりとバリエーションありました。大きめは見かけず。
メンズライクな服装の方もいらっしゃった(カジュアルディナーショーでも違う方ですが見かけました)ので、そちら方面で攻めたい方はそちらもいいんじゃないでしょうか。(ただしカジュアルすぎると詰むので本当に気をつけた方が良いと思います)

基本的に、自分が浮いていると思うと楽しめなくなってしまうタイプの人はなるべく結婚式の二次会あたりをイメージして、無難な格好をする方がいいと思います。

テーブルマナー

服装ばかりに気を取られていたため盲点でした。
本気で恥ずかしかったので、声を大にして言います。自信が無い場合は参加前に確認を!!
ナイフを使って良い料理がわからず、必死でフォークだけで食べていたらナイフとともに回収されて恥ずかしかったです……